読んでおいて絶対損はない、若手社員・新入社員必見の社会人の心得

プライベートの充実に趣味は必須!?時間を作って嗜む社会人の趣味と予算

学生時代、「スポーツや音楽など、趣味を楽しんできた人」もいれば、「バイト三昧であまり趣味を持てなかった人」もいると思います。新社会人として、まずは仕事を覚えることが優先ですが、実は趣味を持つことで仕事にもいい影響があるようです。アフター5や休日に気軽に続けていけそうな趣味などについてご紹介していきます。

社会人にとって趣味が必要な6つの理由

自分の好きなことを純粋に楽しむ趣味の時間を持つことが、社会人にとってなぜ大事なのか、その理由をまとめました。

  • 1★気分転換・ストレス解消になる
  • 2★会社とは違う居場所が作れる
  • 3★友達も人脈も増える
  • 4★知識・経験が仕事にも役立つ
  • 5★出会いがある
  • 6★「上達する」という楽しみがある

気分転換・ストレス解消になる

趣味の一番の効用は「楽しむこと」です。自分の好きなことを思いきり楽しむ時間を持つことで、オンとオフのスイッチをしっかり切り替えることができます。仕事でストレスや疲労を感じるときこそ趣味で気分転換を図りましょう。

▼おすすめの趣味の例
「ランニングなどスポーツ全般」「カラオケ」「映画鑑賞」「読書」など

会社とは違う居場所が作れる

仕事の仲間とアフター5に食事に行っても「先輩」「同僚」などの関係性は変わりません。しかし、会社では1年目の新人でも、仕事を離れた趣味の仲間うちでは人から頼られたり尊敬される存在だったりします。日常をリセットして、違う役割を演じられる居場所を持つことができるのも趣味の世界のいいところです。

▼おすすめの趣味の例
「オーケストラで得意な楽器を担当」「野球などチームスポーツ」「好きなアニメ・ゲームのサークル」など

友達も人脈も増える

出身校や会社などの友達はなんとなく似た環境で育ってきていますが、趣味を通じて知り合える友達は全く違った経歴だったり年も離れていたりして、友達付き合いの幅が広がります。また、意外なところで仕事に通じる人脈もあります。「趣味で知り合った人の紹介で転職」という人も。

▼おすすめの趣味の例
「ゴルフ」「語学サークル」「読書会」「ボランティアサークル」など

知識・経験が仕事にも役立つ

趣味を持つことは社内コミュニケーションにも大いに役立ちます。R25の記事新社会人のための歓迎会攻略ガイドでアンケート調査した「新人歓迎会で盛り上がりやすい話題は?」の回答が以下です。

●新人に聞いた、上司と盛り上がりやすい話題は?
1位 仕事・会社について 34.0%
2位 趣味・特技について 23.0%
●上司・先輩に聞いた、後輩・部下と話してみたい話題は?
1位 仕事・会社について 48.5%
2位 趣味・特技について 48.0%

仕事以外の話をするなら趣味や特技の話題が一番話しやすく盛り上がりやすい、つまり上司や先輩との距離感を近づけるにも趣味は役立つことがわかります。また、社外で取引先とスポーツの話題で盛り上がったり、趣味で続けていたイラストを認められて企画部門に配属されたりというように、仕事での可能性も広がります。

▼おすすめの趣味の例
「スポーツ観戦」「食べ歩き」「山登り」「社寺巡り」など

出会いがある

趣味仲間は共通の価値観があるのでカップルになることも多いようです。気をつけたいのは、あくまで趣味を楽しむために集まった場所で「出会い目的」にならないこと。「できれば出会いも期待したい」という人は「趣味コン」を探すといいようです。街コンジャパンのサイト内「趣味コン」で検索すると、あらゆる趣味を通じて出会いの場があることがわかります。

▼おすすめの趣味の例
「街コン・食フェス・謎解きなどのイベント参加」「料理」「ダンス」「コーラス」など

「上達する」「達成感」という楽しみがある

好きなことを続けていけば、「上達する」あるいは「知識を深める」ことができます。目標を達成する楽しみもあります。「学生時代にスポーツが苦手だった人がランニングを始めて、数年でマラソンを走れるようになった」など、スポーツでの成果は自信につながります。また、ゲームで難敵を攻略したときも大いに達成感があります。また、ちょっと変わった趣味でも続けていけばちょっとした専門家になれることもあります。自分の趣味の記録をブログに書いていくのもいい方法です。

▼おすすめの趣味の例
「スポーツ全般」「楽器全般」「城址巡り」「ゲーム」「読書」など

低予算で始めやすい!新社会人におすすめの趣味11選

  • 1★ランニング
  • 2★スポーツジム
  • 3★山登り/山歩き
  • 4★町歩き/社寺巡り/美術館・博物館巡りなど
  • 5★食べ歩き/飲み歩き/お酒
  • 6★写真
  • 7★読書/読書会
  • 8★俳句/短歌/小説
  • 9★カラオケ/コーラス
  • 10★株/FX
  • 11★パソコン

ランニング

ちょっとした時間にできるランニング。お金も場所も準備も不要なスポーツですが健康効果抜群、ダイエットにも有効です。筋肉がついて体が変わってくることを実感できる楽しみもあります。住んでいる地域や会社の近くでランニングクラブに入って仲間と一緒に走れば励みにもなるし友達も増えます。「マラソンに参加する」など高い目標を持つもよし、自分のペースで無理なく続けるもよし。ランニングを趣味にすれば自己管理能力が高くなり、仕事でも効率よく結果が出せるでしょう。

予算
0円~10,000円(主な出費:ウェア、シューズ代など)

スポーツジム

スポーツジムでは多彩なメニューで飽きずに体を動かすことができます。トレーナーに相談してプログラムを組む人もいますが、「筋トレだけ」「水泳だけ」「エアロビクスだけ」など自由に楽しんでもOKです。大手スポーツクラブでは最近、低料金プランも提供しているので、近くの施設を調べてみるといいでしょう。また、市区町村の公共施設のスポーツセンター、プールなどがあればさらに低料金です。

予算
3,000円~10,000円(主な出費:施設使用料金、ウェア、シューズ等)

山登り/山歩き

数年前に「山ガール」が注目されましたが、その後も山ブームは続いていて、男女ともに人気の高いアクティビティーです。体を動かすことと自然を楽しむことで爽快感は格別で、ハマる人が増えています。ちょっとした山歩きなら一人で出かけるか、一人参加OKの山歩きツァーに申込むと気軽です。本格登山の場合は数万円程度の装備も必要になりますが、山登り自体はお金がかからないので、通常の旅行よりは低予算で楽しめるようです。

予算
300円~15,000円(主な出費:交通費、登山靴等)

町歩き/社寺巡り/美術館・博物館巡りなど

町歩きにはいろいろなバリエーションがあります。自分の好きなものを見たり訪れたりしてみましょう。タイトルに挙げた以外でも「水族館」「庭園」「公園」「鉄道駅」「古い建物」「変わった建物」「橋」「商店街」など、いろいろな町の顔があります。「工場」や「廃墟」巡りも人気です。社寺巡りでは御朱印を集めて記念にする人もいます。訪れた場所をブログに記録する楽しみ方もあります。自分の住んでいる地域に「××町検定」があったら受検してみてはいかがでしょうか。

予算
300円~1,500円(主な出費:交通費、拝観料・入館料等)

食べ歩き/飲み歩き/お酒

上の「町歩き」で食べ歩きを楽しむ人ももちろんいると思いますが、「食」にフォーカスを絞ればまた違った趣味の世界が広がります。食べ物なら「スイーツ」「ラーメン」「パン」「カレー」などの食べ歩き、食べ比べや「カフェ巡り」などがあります。お酒が好きならバーや居酒屋で楽しむほか、お酒について学び、「日本酒検定」「利酒師」「ワインエキスパート」などの資格に挑戦するというのもおすすめです。

予算
2,000円~20,000円(主な出費:交通費、飲食代など)

写真

誰でもいつでも写真を撮る時代ですが、素敵な写真を撮れる人はそれほど多くありません。でも少しコツをつかめばいい写真が撮れて楽しくなります。自分で研究するほか、地域でやっている写真サークルなどを探してみるといいでしょう。いい写真が撮れるようになったら仕事にも役立ちそうだし、PIXTAのような素材サイトで販売することもできます。

予算
10,000円~20,000円(主な出費:デジタルカメラ代程度など)

読書/読書会

仕事で特定のことに頭を使ったあとに好きな本を楽しむ読書は、脳をリフレッシュし、創造力を高めてくれます。また、本を通じて交流の輪が広がり、人脈も作れる「読書会」は20代社会人の間で最近人気が高まっています。Read for Actionは全国の読書会情報のポータルサイトです。不安を解消して心構えを作る!社会人になる前に読む本のページでは、楽しく読めて自分を成長させてくれる、新社会人におすすめの本を紹介していますのでこちらも参照してください。

予算
0円~3,000円(主な出費:書籍代、図書館など)

俳句/短歌/小説

俳句や短歌を趣味とする若い世代が増えています。誰でもできて、極めようとすると奥が深い俳句や短歌は、自分の感性や創造力を鍛えることができます。「句会」「歌会」に参加すれば他の人との交流を通じて学べるし、ネット句会ネット歌会もあります。小説を書きたい人が集まるサークルも増えています。noteなどのサイトに作品をアップしたり、電子書籍を自分で出版・販売したりと、情報発信の方法も多様になっています。

予算
0円

カラオケ/コーラス

「歌う」ことは、誰にでも楽しめてリフレッシュ効果の高い趣味のひとつです。ストレス解消のためには大きな声で歌うことが効果的なので、人目を気にせず「30分のひとりカラオケ」をするのもいいし、友達同士で賑やかに楽しむのもいいでしょう。コーラスやボーカルのサークルでは他の人と声を合わせることでまた違った刺激を受けます。

予算
1,000円~3,000円(主な出費:カラオケ代など)

株/FX

趣味と実益を兼ねてできるのが株やFXです。株やFX取引をすることで、経済や経営について勉強する必要があり、情報収集能力も必要です。社会人としての教養もつけられるので一石三鳥といえそうです。食わず嫌いの人もやってみたら意外と才能が開花するかもしれません。今は株もFXも100円や1,000円の少額から購入できるので、リスクを十分に理解したうで、予算を決めて取引しましょう。

予算
1,000円~(主な出費:手数料、投資金)

パソコン

最近はスマホで多くの情報を処理できるので、自分のパソコンを持っていない若い世代も多いようですが、会社ではパソコンスキルが必須です。パソコンが好きな人は、趣味としてさらに深めていくと、仕事でも役立つ機会があります。パソコンでできることとして、例えば以下があります。

  • ・プログラミング
  • ・グラフィック作成
  • ・作曲
  • ・動画の作成、編集

変わったところでは最近、エクセルソフトだけで絵を描く趣味が話題になりました。また、部品からパソコンを自作する人もいます。自分でウェブサイトやブログを作成すると、ネットでの情報収集方法や画像処理の方法など、さまざまなスキルを覚えられて、仕事でもきっと役に立ちます。

予算
50,000円~100,000円(主な出費:パソコン、ソフトの購入など)

メジャーな趣味じゃなくてもOK。自分に合った趣味の見つけ方

お金がかかる趣味は、少しセーブしながら継続を

上記では20代社会人に向いているおすすめの趣味をご紹介しましたが、他にも多彩な趣味があります。趣味として続けるには自分が夢中になれることが一番重要です。例えば「スノーボード」「ダイビング」「サイクリング」「海外旅行」「バンド活動」「ミュージカル観賞」などは、多少の費用がかかるので上記では紹介していませんが、好きな人は食費を削ったりしてやり繰りしながら続けていきます。社会人1年目~2年目は自由になるお金があまり多くないかもしれません。そういうときはしばらくの期間はお金を貯めて、少しセーブしながら続けていきましょう。

他にもある20代に人気の趣味とは

上記おすすめには入らなかったけれど20代に人気が高い趣味としては以下があります。

  • ★旅行(国内、海外)
  • ★音楽鑑賞、コンサート、音楽フェス
  • ★映画鑑賞(映画館、DVD)
  • ★ゲーム(ゲーム専用機、ゲームアプリほか)
  • ★競技スポーツ全般(サッカー、野球、テニス、卓球、ボルダリング、ボクシングほか)
  • ★マリンスポーツ全般(ダイビング、シュノーケリングほか)
  • ★ツーリング、サイクリング、ドライブ
  • ★ヨガ(ホットヨガなどを含む)
  • ★ダンス(社交ダンス、ヒップホップほか)
  • ★楽器演奏、バンド活動、オーケストラ演奏ほか
  • ★アート(絵画、クラフト、コミックほか)
  • ★ボードゲーム(囲碁・将棋・チェスほか)
  • ★ガーデニング
  • ★語学
  • ★料理
  • ★資格取得
  • ★ペット飼育
  • ★ボランティア(学習支援、被災地支援ほか)

ハマれる趣味を見つける4つの方法

友人に誘われたりしていくつかの趣味にトライしてみたけれど、今まで長続きしたものがないという人もいるでしょう。「夢中になって楽しめる趣味が欲しい、でも見つけられない」という人は、以下の方法を試してみてください。

①食わず嫌いをしないで一度はやってみる
子どもの頃に失敗した経験などをきっかけに、「アウトドアは苦手」「ダンスは苦手」と思い込んで手を出さないでいることがありませんか?実はそんな分野に自分にぴったりの趣味があるかもしれません。
②「男性向け」「女性向け」はもう気にしない
「男性のスイーツ好き」「女性の鉄道好き」はもはや普通のことですが、珍しい趣味と言われていた過去もありました。同じように今、男性向け、女性向けの趣味と思われているものも実際には男女の垣根がなくなっています。男性で刺繍や編物をする人も、女性で電子部品工作をする人もいます。
③「××体験」「体験レッスン」を活用する
習い事のスクールではほとんどのところで「無料体験レッスン」ができます。また、旅先などでは「農業体験」「ラフティング体験」「そば打ち体験」などのアクティビティがあります。初めてのことにチャレンジすることは少し面倒でもありますが、「やってみたらハマった」となる可能性もあります。
④自分の好きなことをキーワードに検索する
自分が好きなもの、興味を持ったことをキーワードにしてネットで検索してみましょう。「こんなのもありなんだ」という変わった趣味を実践して極めている人がいます。ネットで探せば仲間を見つけて一緒に続けていくこともできます。テレビ番組「マツコの知らない世界」には、「渋谷駅模型を作った渋谷駅オタクの男性」「立ち食いそばに凝って本を出した女性」など、ごく普通の社会人でありながら変わった分野のスペシャリストというゲストがたくさん登場して、好きなことを極めれば立派な趣味になるということを教えてくれます。

趣味と仕事は「分ける」「分けない」どちらがいいの?

かつては「趣味と仕事を明確に分ける」というのが基本の考え方でしたが、最近は「趣味と仕事を分けないほうがいい」と考える人が増えています。
趣味と仕事の境目がないライフスタイルってどんなものでしょうか?それを実践している人たちの共通点を探ってみると、どうやら「仕事が好き」だから趣味のように仕事ができているようです。

趣味と仕事を「分けない」という新しいスタイル

「仕事が好き」な人には以下2つのパターンがあります。

①自分の趣味や好きなことを仕事にできた人
「コンピュータが好きでIT企業に就職」「絵を描くのが好きでデザイナーとして就職」などのケースです。こういう人はプライベートでもプログラミングしたり絵を描いたりしています。
②自分が就いた仕事を好きになった人
「営業の仕事で人と話すことを楽しむようになった」「財務部に配属され、経済や経営に興味を持つようになった」など、未知の分野の仕事が次第に面白くなったケースです。

運よく自分が希望通りの職種に配属されたら1のパターンになりそうですが、多くの新社会人の初めての配属先は希望通りにはならず、仕事を最初から楽しむことはできません。でも、努力することで2のパターンに近づけることは可能です。仕事に対しては趣味のように好奇心を持って取り組むというのがひとつのポイントです。

仕事と全く違う趣味も、仕事にいい影響を与えてくれる

一方で、仕事とは全く関係のない趣味を持っている人もたくさんいます。これはこれでよいバランスを保てます。
特に新人時代は、仮に好きな職種でも大変なことが多く、楽しめる人は一握りでしょう。そんなとき仕事と離れて思い切り楽しめる趣味の時間を週末にもつことでリフレッシュして、翌週から新たな気持ちで仕事に取り組むという好循環を作れます。

また、完全に仕事のことを忘れてスポーツなどに没頭しているときに、ふと仕事の課題についていいアイディアが浮かぶということもあります。これは全く別のことを楽しむことで脳が活性化するからです。仕事と趣味を「分ける」「分けない」のどちらのライフスタイルを選ぶかは、人それぞれ、どちらでもOKです。

将来へ向け「趣味と仕事を近づけて」いくという方法も

趣味と仕事の境目がない人、実は会社の社長はこれにあてはまります。経営者は自分の好きなことを形にするために起業しているからこそ、いつも仕事のことを考えています。「趣味を仕事にする」の最終形は自由業か経営者といえるでしょう。そこまで極めない人でも、転職や社内の配置転換で自分の好きな分野、得意な分野の仕事に就けば、「趣味のように仕事する」スタイルに近付いていけるでしょう。

社会人1年目では無理でも、「10年後は趣味と仕事が近づくような働き方をしたい」と将来の目標を持ってチャレンジしていくのはアリだといえます。一方で、「趣味と仕事はあくまで別」という将来設計をする人もいて当然です。好きな趣味を続けることで長い社会人生活を豊かにしていければ、どちらも正解だといえます。

たかが趣味、されど趣味。「趣味を持つべき」だからと、無理して続ける必要はなく、あくまでも自分が楽しむことが基本です。ずっと続けられる趣味に出会えるよう、新社会人の皆さんにエールを送ります!

学生~新社会人の間は出費も多い。その出費、いくら分のポイントになりますか?

今から買う物すべて三井住友VISAデビュープラスカードで支払ったら、支払う金額は一緒なのに貯まったポイントで、「ワールドプレゼント景品」の家電やギフトカードに交換できるかもしれません。他のカードを使用している方、まだクレジットカードを持っていない方に是非オススメです。

オススメ1 学生~新社会人向けのカードとして特別に用意されてる。
18歳から利用可能で初年度年会費無料。前年1回以上のご利用があれば、翌年度以降も年会費無料。大学入学時や就職活動にも大活躍です。

オススメ2 他のカードよりもポイントがザクザク
ポイント数がずっと2倍! iD利用でもポイント2倍! 入会3ヶ月間なんと5倍! ポイントUPモール経由なら、ポイントが最大20倍!
学生~新社会人の間はお金を使う機会が多いため、飲み代・スーツ代・旅行費・コンビニも、全てカード払いにしてポイントを有効活用しましょう。貯まったポイントは家電やギフトカード、よく使う楽天ポイントやTポイントなどに交換ができます。
例えば、入会から月々3万円ほど使う場合、1年間で楽天ポイント約5000円相当のポイントが貯まる計算です。

オススメ3 【期間限定】2017年6月30日までもれなく最大6,500円分プレゼント!
上記だけでも相当おトクなのに更に最大6,500円がもらえるキャンペーン中と、超太っ腹!もし作るならこの期限内に作ることをオススメします。

3営業日で発行可能!カードの詳細と発行はこちら %e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3 %e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3-%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b