読んでおいて絶対損はない、若手社員・新入社員必見の社会人の心得

【社会人の習い事】時間と費用のバランスが肝心!おすすめレッスンと後悔しない習い事選び

「習い事」の意味合いは、学生時代と社会人とで大きく違ってきます。
社会人になってからの習い事は、自らお金を出して自分の成長や楽しみのために実践するもの。
限られた時間とお金を使うのだから、それだけの価値が得られることが必須です。
習い事で得られるものは仕事にも役立つスキルや趣味の充実のほか、同じ興味関心を持つ友人もかけがえないものです。
今回は、新社会人におすすめの習い事、費用の目安、選び方などを解説します。

おすすめコンテンツ
クレジットカード 2016年5月13日 マネー&ライフ編
社会人必須のクレジットカード。上手なカードの使い方・選び方とおすすめカード
 

始める前に知っておきたい!習い事のメリットや選び方と費用の目安

プライベートの充実が仕事にもプラス!社会人から始める習い事のメリット6つ

多くの人が社会人になってから習い事を始めます。
新社会人の場合だと仕事に慣れてくる入社半年後くらいから、習い事をする人が増えてきます。
その内容は語学、スポーツ、カルチャーなどさまざまです。
習い事を始めた人たちの動機は例えば以下のようなものです。

  • 「仕事では常にアウトプットばかり。自分にインプットする機会が必要だから。」
  • 「IT企業に勤務しているが、金融関係の知識をぜひ身に着けたいから。」
  • 「会社と自宅の往復だけだと毎日限られた人としか会話できないので、違う世界の人と交流したいと思ったから。」
  • 「仕事が忙しいからこそ時間を作って体を動かし、ストレス発散・リフレッシュしたいと考えたから。」

まとめると、以下のようなメリットがあります。

社会人が習い事をすることのメリット

1★自分の視野が広がる
仕事上のスキルアップに直結しない習い事も自分にとって必要な経験のひとつであり、視野を広げるのに役立ちます。
自分と違う年齢・職業の人と交流することも貴重な経験です。

2★スキルアップできる
語学・法律・IT技術など、現在または将来の仕事に役立つ知識を学ぶ人もいます。
現状に甘んじることなく目標を持ち実践することは、今の仕事のモチベーションアップにも役立ちます。

3★気分転換・リフレッシュできる
習い事のスクールでは会社にいるときとは違う、別の自分。
年齢が上や下の人ともフラットに会話できます。
そんな別の居場所を持つことは気分転換に効果的です。
もちろんスポーツや学びなど、習い事そのものによってもリフレッシュできます。

4★成長する喜びがある
スポーツ・芸術・ビジネスなどどんな分野の習い事でも、継続していけば上達し、自分が成長しているという喜びを味わえて、自分の自信にもなります。
社会人として限られた時間とお金を投資するからこそ、上達はより早くなります。

5★新しい出会いがある
ともに同じ分野に興味関心を持つ者同士なので共感もしやすく、新しい友人や気になる異性との出会いがあります。

6★仕事で生産性向上ができる
習い事をする時間を作るためには仕事を効率よく終わらせなくてはなりません。
時間の使い方が上手くなり、仕事の生産性向上につながります。

習い事にかける費用は月1万円、週3~4時間が平均的

社会人は習い事にどのくらいの費用をかけているのでしょうか。
働く男女に聞いた「習い事」に関する調査結果(2015年8月、ドゥハウス調べ)』では以下の数字が紹介されています。

かけている金額は1ヶ月平均「11,833円」
時間は1週間平均「約3時間52分」

この数値は20代~50代が対象となっています。
したがって、20代社会人では5000円~1万円位と推測できます。
手取り月収が20万円の場合、1万円はその5%に当たります。
自分が楽しむことを主目的とした習い事はこれくらいが相場といえます。

しかし一方で、「2:6:2の法則」というのがあるのをご存知でしょうか。
当サイト内【平均年収】の記事の「おすすめの家計管理法」として紹介しています。
この法則によると、将来に備えるための理想の支出は収入の2割を貯蓄、6割を生活費、2割を自己投資に充てるべきとされています。
この考えを当てはめると、手取り20万円のときの20%は4万円とかなりの出費になります。
しかし、仕事に役立つ習い事をより積極的に「将来のための自己投資」と考えればこの位使ってもよいということになります。
ただし、このようなお金の使い方をする場合、食費や遊びに使うお金は徹底して節約する必要があります。
それでも頑張ってみたい人は、目標への強いモチベーションと投資した金額分は必ず成長するという意志を持ちましょう。

ビジネススキルアップのための習い事には政府の教育訓練給付金制度を積極活用しましょう。
雇用保険の加入期間が1年以上となったときから給付資格が得られ、予め認定された講座が給付対象となっています。

習い事の費用支払いでは大きな金額を一括で支払うこともあるし、大抵は毎月定額のクレジットカード払いを選択することも可能です。
新社会人におすすめなのは三井住友VISAデビュープラスカード
年会費無料、18歳から25歳限定でポイント2倍と使い勝手抜群で、習い事の支払いでもしっかりポイントが貯まります

目的や通いやすさが重要!3つのポイントから習い事を選ぶ

習い事選びの基準は3つあります。
それは、(1)目的、(2)通いやすさ、(3)費用です。

(1)目的
習い事を始める動機としてあまりおすすめできないのが「友達に誘われて」とか「みんながやっているから」というものです。
貴重な費用と時間を使うのだから、自分が本当にやりたいことを、目的を明確にして選択することが大切です。
前述した「習い事のメリット6つ」のなかで、自分はどれを重視して習い事を選ぶのかをはっきりさせましょう。
もちろん重視したい項目が複数あっても構いませんが、優先順位を明確にすることが大切です。
周りの人がやっているからと無理してビジネススキルや語学のスクールに通っても、身に着かず長続きもせず、結果としてお金の無駄になってしまうかもしれません。

(2)通いやすさ
そして次に、社会人ならではの習い事選びの重要な基準として「通いやすさ」があります。
会社または自宅から近いことは必須条件です。
仕事が忙しくてなかなか習い事の予定をFIXできないという人は、自分の都合に合わせてレッスン予定を組めるチケット制の講座などがおすすめです。
また、「通ってみたら自分が期待していた内容と違った」とならないために、体験レッスンや見学をしましょう。

(3)費用
費用については前項で紹介した通りです。
楽しむためなら手取り月収の5%、高い目標を掲げて自己投資するなら月収の20%を上限に検討しましょう。

【ジャンル別】目的を明確にしてチャレンジ!社会人におすすめの習い事

以下、社会人におすすめの習い事を一挙ご紹介します。
目安の費用は平均月3~4回通った場合の月額です。

【芸術編】演劇や音楽、日本の伝統を学んで心を豊かに

会社にいるときとは全く違う自分になって美や技を探求する芸術系の習い事はリフレッシュ効果抜群です。
会社で使う脳とは違う部分の脳を活性化させ、発想力や感性を磨くことができ、仕事で役立つスキルアップにつながることも意外に多い分野です。

1★演劇 費用:5000円~20000円
大人になってから習う演劇に注目が集まっています。
習い事として通いながら定期公演まで行うもののほか、グループで劇を作り上げるワークショップなどがあります。
効果的な声の出し方・話し方などを学ぶことで仕事でのプレゼンテーション力もアップします。

2★楽器/歌 費用:3000円~10000円
昔習っていたピアノ・ドラム・ギター・金管楽器などをもう一度習いたい人、和楽器・ウクレレなど少し違った楽器を習ってみたい人、歌を本格的に学びたい人などのための音楽教室があります。
他の楽器や歌を習っている人と一緒にアンサンブルを組んで発表会を開く教室もあります。
グループレッスンでは費用を抑えることができます。

3★絵画/デザイン 費用:2000円~10000円
絵が上達すると同時に、対象に没頭してひたすら絵を描く時間は、心の活性化とリフレッシュに役立ちます。
低料金のグループレッスンがありますが、材料費が別途かかることも考慮しましょう。

4★書道/茶道/華道 費用:3000円~20000円
日本古来の習い事は、習得すれば社会生活上の教養やマナーとして有用な技でもあります。
継続して学んでいけば進級し、指導者になれる道もあります。

5★陶芸 費用:4000円~15000円
自分の手を使って道具を作る陶芸は一度体験するとその楽しさを実感し、さらにやってみたくなる習い事です。
陶芸仲間と全国の窯元への旅を楽しんでいる人もいます。

【スポーツ編】ダイエットやストレス発散効果も抜群!

スポーツジム通い、ジョギングやウォーキングなどを趣味として実践しているという人も多いと思います。
新しく何かスポーツを初めてみたいというときは場所や道具を提供してくれる習い事を活用すると便利です。

1★ゴルフ 費用:4000円~20000円
最近、都心のビルの屋上など通いやすいところにあり、しかも低料金で習えるゴルフ教室、ゴルフ練習場が増えています。
ゴルフは長く続けていけるスポーツなので、機会を見つけて習っておくと後々まで役立ちます。
実戦ではメンバー同士で会話をする時間が長いので、出会いの場にもなっています。

2★バレエ/ダンス 費用:3000円~14000円
クラシックバレエからベリーダンス、ハワイアン、ヒップホップなどの各種ダンスまで種類はさまざま。
定期公演のほか、教室によっては地域のイベントなどでダンスを披露することもあるようです。
踊りが苦手という人も自分に合ったダンスを探して体験してみると、意外と楽しめるかもしれません。

3★水泳 費用:3000円~12000円
水泳は講師についてフォームから学び直すことで長く疲れずに泳いだり、タイムを上げたりできます。
「実は泳ぎが苦手」という人も習い事ならチャレンジしやすいのではないでしょうか。

4★テニス/バドミントン/卓球/スカッシュ 費用:3000円~18000円
ラケットを使うスポーツを新しく始めるときは、講師についたほうが早く上達するし、その後も一緒に続けていく仲間ができます。
どれもかなりハードなので体力強化できるスポーツです。

5★スキューバ/ドルフィンスイム 費用:40000円~70000円
スキューバダイビングはスクールで知識と技術を学んでライセンスを取得する必要があるスポーツです。
費用も手間もかかりますが、美しい海に潜って魚とともに泳ぐ体験は何物にも代え難く、多くの愛好家がいます。
ダイビングツアー仲間は絆が強いので、カップルがたくさん誕生するようです。

6★ボクシング/キックボクシング 費用:4000円~12000円
シェイプアップ効果が高く、ストレス発散できてさらに護身術にもなるということで、特に女性に人気があります。
会社帰りに受講できるよう、都心の教室が増えています。

この他、スポーツの習い事はフットサル、乗馬、ヨガ、体操、ボルダリング…などたくさんあります。
「学生時代に経験済みだから、習い事でやらなくても」と思う人もいるかもしれませんが、習い事でスポーツをやることには2つのメリットがあります。
ひとつは大人の理解力で基礎を学び直すことで上達できること、もうひとつは同好の仲間ができ、楽しみ方が広がるということです。
社会人生活のなかでスポーツを積極的に楽しみたいなら、習い事も選択肢として考えてみてはいかがでしょうか。

【身につく編】好きな趣味や仕事にも役立つ教養をブラッシュアップ

生活や仕事に役立つ教養・スキルを学ぶ習い事も知的好奇心と実益の両方を満たしてくれるので人気があります。
将来のキャリアアップに役立つものもあります。

1★英会話 費用:3000円~60000円
海外旅行で役立つ簡単な英会話から、ハイレベルのビジネス英会話まで、多種多様な英会話教室があります。
体験レッスン時などにレベルチェックがあります。
自由な曜日にレッスンを受けられるチケット制など、通いやすいシステムがあると続けやすくなります。
上達すれば仕事のキャリアアップや転職にも役立ちます。

2★料理 費用:6000円~20000円
男女ともに人気の習い事です。
グループで協力し合って作業するので、友人ができやすく、男女の出会いの場にもなっています。
材料代がかかるので費用はやや高めで、月額制のほか、1回ごとの料金設定になっていることもあります。

3★ソムリエ/ワインエキスパート/利酒師 費用:一講座150000円~
お酒が好きな人におすすめの講座です。
プロの資格取得を目指す講座となるため費用は高めですが、しっかり学んで資格を取得すれば価値があります。
男女の愛好家が集まるので出会いも期待できます。

4★着付け 費用:2000円~14000円
若い女性の間で和装がブームになり、大人の女性のたしなみとして着付教室も人気上昇中です。
普段の外出などでさりげなく自分で着物を着ることができたら好感度もアップしそうです。

5★ボイストレーニング 費用:4000円~20000円
俳優や歌手向けだった「声の出し方」のレッスンが最近は一般の人向けに開講しています。
ボイスレッスンを受けることで、仕事での交渉力やプレゼンテーション力がアップするという実績が知られています。
就活学生や転職を考える社会人にも人気があり、プライベートでの会話力もアップするようです。

この他、簿記・フィナンシャルプランナー・社会保険労務士・IT技術者など、ビジネスに直結するスキルや資格を学ぶ習い事も当然たくさんあります。
ビジネス系の習い事を検討している人は、社会人になっても勉強したい!成長したい!「社会人と勉強」のアドバイスを参照してください。

広がる選択肢。
習い事探しに役立つ便利なサイトと活用法

希望条件に合った習い事を探せるおすすめのサイト4選

たくさんの習い事のなかから希望条件やキーワードで検索できるおすすめのサイトをご紹介します。

1★ケイコとマナブ
習い事を探せるサイトの老舗です。
趣味系からビジネス資格まで幅広いジャンルに対応し、習い事が網羅されています。
レッスン予約までできるアプリが便利です。

2★ウーマンエキサイトのレッスン検索
女性向けの習い事検索サイトです。
大まかなジャンル別になっているので、興味のある分野で最近流行っている新しい習い事なども見つけることができます。

3★グースクール
女性向きの各種レッスン・スクールが幅広く揃っています。

4★キャリアインデックススクール
資格やビジネススキルを習うためのスクールを検索できます。

【費用節約】1回体験、個人講師、公共施設も活用!

習い事の費用を節約する方法はいろいろあります。
その一つとして「通いやすさ」のところで紹介した「チケット制」があります。
他に、以下のような方法があります。

(1)1回体験を活用する
多くの習い事では定期的に受講するシステムのほか、1回講座も多数用意されています。
継続していける自信がない場合は、まず1回体験に申込んでみるといいでしょう。
なお、これは本来の習い事の見学の一環としての「無料体験」とは違い、最初から1回完結のプログラムなので、有料である代わりに充実した内容となっています。
wowfulは一回完結の体験だけを紹介しているサイトで、レジャーの体験などとともに習い事の体験も探せます。

(2)個人講師の講座を探す
法人ではなく講師が生徒を募集するマッチングサイトが人気です。
コストや手間が簡略化されたことでレッスンの費用が安く、それでいて受講者の満足度はとても高いという実績があります。

ストアカ
個人の講師と習いたい人のマッチングサイトで、ビジネス寄りの講座が多彩です。
習い事の費用を抑えたい人、ピンポイントで何らかのスキルを学びたい人に向いています。

サイタ
こちらは趣味に近い講座が多い個人レッスンのマッチングサイトです。

(3)公共施設を活用する

市区町村の公共施設で開講している各種スポーツ・カルチャーの講座は民間より低価格です。
人気のある講座は抽選となることもしばしばですが、申し込んでみる価値は十分あります。

【出会い編】友達や異性との出会いを増やしたいなら社会人サークル

習い事で男女の友達を増やしたいし、異性との出会いにも期待したいという人は、より気軽に参加できて出会いの可能性が高いチャンネルにアクセスするという選択肢もあります。

「社会人サークル」の名称で検索すると、いろいろなサークル紹介サイトがヒットします。
都合のいい日程を検索して、1人でも気軽にアウトドアキャンプや食べ歩き、美術館巡りなどの集まりに参加することができます。
参加しやすい反面、行ってみるまでどんな人がいるのかわからないなどの不安もあります。

安心できるサイトを選ぶには、運用実績が長く、プライバシーポリシーなどの表記が明確かどうかをチェックしましょう。
より不安が大きい女性の場合、最初は女性限定イベントに参加してみて、システムや参加メンバーに安心出来たら次は男性も参加するサークルに参加してみる、といった方法が考えられます。

パステル
社会人サークルの老舗です。
50代60代のサークルも存在しているところが歴史を物語っています。
サークル・イベントの種類が豊富なので自分に合ったものが探せます。

つなげーと
ビジネス、演劇、登山など興味がある分野に参加できます。

東京ワインパーティー
ワイン好きな仲間を見つけることができます。

この他、友達作りを主目的とするアクションについては社会人の友達は要?不要?人脈の作り方と広げるための6つのルールでも多数ご紹介しているので、参考にしてください。

【番外編】その道のプロの時間を買う?広がる習い事の選択肢

タイムチケット
購入するのは「タイムチケット」。
決まった時間内で個人がビジネススキル、資産運用のコツなどを伝授してくれます。
日時とチケットの金額を確認して購入し、電話やスカイプなどで欲しい情報やレッスンを受けられます。

ココナラ
個人による業務代行サービスのマッチングがメインですが、話し方、企画書の書き方などのスキルを販売している個人もいます。
500円が単価基準となっていて、安価に欲しい情報やスキルを購入できます。

まとめ

■社会人になってから、限られた時間とお金を使って習い事をする人が多いのは、それだけのメリットがあるから。
自分のスキルアップはもちろん、楽しみながらストレス解消・リフレッシュでき、会社以外での出会いにも期待できます。

■20代社会人が習い事にかけるお金は5000円~1万円が一般的ですが、自己投資のための習い事に手取り収入の20%までかけて努力を重ねる人もいます。

■習い事選びでは目的を明確にして、通いやすさ・予算で選びます。
費用を節約したい人は公共のスクールや個人講師のマッチングサービスを活用しましょう。


学生~新社会人の間は出費も多い。その出費、いくら分のポイントになりますか?

今から買う物すべて三井住友VISAデビュープラスカードで支払ったら、支払う金額は一緒なのに貯まったポイントで家電やギフトカードに交換できるかもしれません。
例えば学生~新社会人の間に飲み代・スーツ代・旅行費・コンビニなど、月々3万円ほど使う場合、1年間で楽天ポイント約5,000円相当のポイントが貯まる計算です。

他のカードを使用している方、まだクレジットカードを持っていない方におすすめです。

おすすめ1 学生~新社会人向けのカードとして特別に用意されてる。
18歳から利用可能で初年度年会費無料。前年1回以上のご利用があれば、翌年度以降も年会費無料。大学入学時や就職活動にも活躍します。

おすすめ2 他のカードよりもポイントがザクザク
ポイント数がずっと2倍で、 iD利用でもポイント2倍、 入会3ヶ月間は5倍 です。ポイントUPモール経由なら、ポイントが最大20倍になります
全てカード払いにしてポイントを有効活用。貯まったポイントは家電やギフトカード、よく使う楽天ポイントやTポイントなどに交換ができます。

おすすめ3 【期間限定】もれなく最大7,000円分プレゼント!
上記だけでも相当トクなのに更に最大7,000円がもらえるキャンペーン中。もし作るならこの期限内に作ることをおすすめします。

3営業日で発行可能!カードの詳細と発行はこちら %e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3 %e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3-%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b
関連記事