読んでおいて絶対損はない、若手社員・新入社員必見の社会人の心得

社会人必須のクレジットカード。上手な使い方・選び方とおすすめカード

新社会人になったら必需品となるのがクレジットカードです。最近は使えば使うほどポイントが貯まって「使わないと損」というイメージもありますが、使い方の注意点もあります。

新社会人らしいカードの選び方、安心で上手な使い方についてご紹介します。

2015年、株式会社ジェーシービーの【クレジットカードに関する総合調査】によると、20代でクレジットカードを持っている人の割合は、男性が72.9%、女性が74.9%。

上の年代と比べてもっとも低くなっています。とはいえ、20代の7割を超える人が持っているクレジットカード。新社会人におすすめのカードをご紹介します。

クレジットカード平均保有枚数
http://www.jcbcorporate.com

メリット別 人気・おすすめクレジットカードと選び方

カード選びで重視したいポイントは人それぞれ。「ポイント還元率」「年会費」でのお得さは誰でも重視したいところですが、新社会人が考慮したいポイントがもう一つあります。カードは1枚を長く使い続けるとステータスも信用度もアップしていくので、10年、20年と継続して使うことが前提です。カード選びでは、お得さに加えて「長い目で見て、自分に合ったカードか」ということを十分検討しましょう。

  • 1★「20代限定」で新社会人向きのカードを選ぶ
  • 2★「ポイント還元率」「年会費」などのお得感で選ぶ
  • 3★長く付き合えそうな信頼感のあるカードを選ぶ
  • 4★「使い道」「保険」「ステータス」…他にもあるみんなのカード選びの理由

「20代限定」で新社会人向きのカードを選ぶ

「20代限定」など若い世代向けのクレジットカードは、新社会人になるタイミングで作るとさまざまなメリットがあります。
★新社会人だけの審査基準が適用される
クレジットカードを申し込むなら新社会人のタイミングがおすすめです。

クレジットカードの審査で通常重視される「勤続年数」「年収」などの実績がなくても、それは当たり前だからということで、比較的審査に通りやすいといわれています。「20代限定」のカードは特にこの点を勘案して審査基準を設定しているのでおすすめです。
★ポイント還元率が高く特典も多い
新社会人や20代限定のカードは他のカードよりポイント還元率が高い傾向にあります。入社1年目は大きな買い物も多い時期。ポイントの貯めやすさも関心事です。
★ステータスアップしていける
「20代限定」「新社会人向き」のカードを継続保有していくと自動的にステータスの高いゴールドカードなどにランクアップできるのも魅力です。

若い世代をターゲットにしたクレジットカードは、カードとの付き合いをスムーズに始めやすいようなサービスを特に充実させているので、新社会人にとって最適といえるでしょう。

▼「20代限定」でおすすめのクレジットカード

デビュープラス
三井住友デビュープラスカード

18歳~25歳限定。上品でステータスを感じさせるカードでありながら、年会費実質無料でポイントは同社通常カードの2倍とお得さもあり、バランスの良さで新社会人の1枚目のカードとして一番おすすめです。
JCB CARD EXTAGE
JCB CARD EXTAGE
18歳~29歳限定。年会費無料で同社の通常カードよりポイントが貯まりやすく、海外旅行保険が付帯しています。デビュープラスカードと同様に、上位カードへランクアップして継続できます。

「ポイント還元率」「年会費」などのお得感で選ぶ

「ポイントが貯まりやすい!」とPRしているクレジットカードはいろいろありますが、重要なことは「自分がよく利用するサービス・お店でポイント還元率が高いかどうか」ということです。カードを選ぶときは、公式サイトでサービス内容をよく確認して、自分に合いそうなものを選びましょう。

▼「ポイント還元率」「年会費」でおすすめのクレジットカード
楽天カード
楽天カード
楽天での買い物とグループのお店利用でポイント還元率が高く、期間限定の「ポイントアッププログラム」を活用するとポイントを増やせます。
Yahoo! JAPANカード
Yahoo! JAPANカード
Yahoo!ショッピングのポイント還元率が高く、Tポイントも貯められるカードです。オリコカード ザ ポイント
特定のショップでなく幅広い利用を対象にポイント還元率が高くなっています。「ポイントが高い利用方法」をあまり気にせずに使えます。dカード
ドコモが発行しているdカードは、docomoユーザーでなくてもポイントが貯めやすいカードです。

長く付き合えそうな信頼感のあるカードを選ぶ

2015年から2016年3月にかけて、「高還元率」をPRしていたいくつかのクレジットカードのポイント還元率が低く改定されたり、カード自体が変更になったりということが相次ぎました。ポイント還元率に期待してカードを作ったユーザーは非常に落胆したことでしょう。実は最近では、多くのクレジットカードでかなり頻繁に規約改定が行われます。このような突然のルール変更の可能性が低いのは、長く続いている実績あるカードです。また、紛失などのトラブルの際、「サポートデスクへの電話がなかなか通じない」「対応が遅い」なども困ります。信頼感のあるカードはステータスを感じさせるカードでもあります。

▼「信頼感」で選ぶおすすめのクレジットカード

デビュープラス
三井住友デビュープラスカード

三井住友のブランドはもちろん、日本で初めてVISA提携カードを発行した歴史と実績もあります。26歳以降のカード更新のタイミングで三井住友VISAプライムゴールドカード三井住友VISAプライムゴールドカード、30歳以降は三井住友VISAゴールドカード三井住友VISAゴールドカードへと、無理なくステータスアップしていけます。
VIASOカード
VIASOカード
安心感がある三菱UFJニコスのブランドのなかで年会費無料のカードがこちらです。貯まったポイントが「オートキャッシュバック」されるので、ポイント交換などの手間が不要です。

「使い道」「保険」…他にもあるみんなのカード選びの理由

その他にもカード選びの基準はいろいろあります。

▼海外旅行保険つきのカードを選ぶ

クラシック
三井住友VISAクラシックカード
エポスカード
エポスカード
▼マイルが貯まりやすいカードを選ぶ
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
JALカード
JALカード
▼よく利用するお店のカードを作る
イオンカード
イオンカード
ローソンPontaカード
ローソンPontaカード
ビックカメラSuicaカード
ビックカメラSuicaカード

このように、「クレジットカードの選び方」で何を重視するかによって、候補を選び、比較検討する必要があります。自分に合ったカードを選んで、社会人らしい「上手なお金の使い方」も身につけていきましょう。新社会人のお金事情については社会人1年目のお金事情。新生活の準備費用・生活費は?貯金はできる?のページで紹介しています。

新社会人がクレジットカードを持つメリット7つ

クレジットカードは1枚で10も20もの多機能を備えていますが、以下7つに集約してご紹介します。

  • 1★ほぼ現金要らずでスマートに支払いできる
  • 2★「給料日前の急な出費」も安心、周囲からも好印象
  • 3★ポイントが貯まる~平均的な利用で年間約6,000円!
  • 4★名実ともに、社会人としての信用度がアップする
  • 5★海外旅行には不可欠
  • 6★各種の補償や保険が充実している
  • 7★「上手なお金の使い方」を学べる

ほぼ現金要らずでスマートに支払いできる

高額の買い物をするときでも多額の現金を持ち歩く必要がありません。最近はポイントを貯めるために普段の買い物もクレジットカードでする人が増えています。

コンビニやスーパーでクレジットカード払いをすると、時間がかかってしまいますが、サイン不要の電子マネーをカードに追加することができます。プリペイド型の「Suica」「Pitapa」「nanaco」「WAON」「Edy」のほか、チャージ不要で後払いの「iD」「QUICPay」などがあります。これでほぼ現金が不要に。いつもスマートに支払いができます。

「給料日前の急な出費」も安心、周囲からも好印象

クレジットカードの便利さとして、これを実感している人は多いのではないでしょうか。「急な飲み会」「けがをして医療費がかかった」などの予期せぬ出費の機会が給料日前で持ち合わせがなくても慌てる必要なし

また、デートで食事をごちそうしてあげるときなど、クレジットカードだとスマートな支払いができます。実は「お支払い」での振る舞いは意外と見られています。

あなたが男性で、「お金が足りるかちょっと不安げに財布の中身をチェック」「小銭をたくさん出して支払いに手間取った」ような場合、一緒にいる女性が心配してしまいますが、カードがあれば安心です。

ポイントが貯まる~平均的な利用で年間約6,000円!

冒頭でもご紹介した【クレジットカードに関する総合調査】(2015年版)によると、クレジットカード保有者の平均利用額は、年間で約60万円。ポイントが平均1%だった場合は6,000円分貯まることになります。もちろん、ポイントアップできるキャンペーンやクレジットカード特典を上手に利用すればもっと増やせます。「節約」という点でもクレジットカードは役に立つといえます。

名実ともに、社会人としての信用度がアップする

「新社会人としてクレジットカードを作る」ことは、便利さだけではなく、実は重要な意義があります。それは、自分の信用履歴を残すということです。クレジットカードをきちんと使っていくと信用度がアップします。ゴールドカードなどステータスの高いカードは審査基準が厳しいですが、一般カードを一定期間正しく使って信用履歴を積み上げると持てるようになります。

海外旅行には不可欠

海外旅行をきっかけにクレジットカードを作る人も多いでしょう。海外旅行はもちろん、国内旅行でも便利です。

また、海外で使う現金については、空港などで円を外貨に両替するよりも、現地で使えるクレジットカードでキャッシングをしたほうがレートがお得なことが多いです。

各種の補償や保険が充実している

「海外旅行保険」、国内外で購入した商品の破損や盗難が補償される「ショッピング保険」など付帯しているカード、オプションで「傷害保険」や「賠償責任保険」に低料金で加入できるカードなどがあります。

「上手なお金の使い方」を学べる

毎月どこにいくら支払ったかについて、Web上のマイページで確認でき、記録が残って家計管理がしやすくなります。携帯電話通話料金や公共料金もクレジットカード払いにしておけばWeb上に一定期間履歴が保存されるので、「年間光熱費」の把握も簡単です。著名な家計コンサルタントである横山光昭氏もすべての支払いをクレジットカードにすることで支出を見直す方法について紹介しています。

クレジットカードの3つの注意点と正しい対策

いろいろと便利なクレジットカードですが、注意点もあります。クレジットカードの詳細を理解して、適切に使うことが大切です。

  • 1★収入以上の使い過ぎに注意
  • 2★「利用限度枠」「手数料」を知っておこう
  • 3★紛失・盗難の場合の対処方法

収入以上の使い過ぎに注意

クレジットカードは便利ですが、ついついお金を使いすぎてしまう可能性があります。クレジットカードの請求額が予想外に大きくなってしまって驚くことも。現金払いでもクレジットカード払いでも、自分のお金を把握して家計管理する必要があるのは同じです。クレジットカードの支払日には、指定口座の残高が1円でも足りないと引き落としがされません。

クレジットカードを使う人が絶対にやってはいけないのがこの「残高不足」です。

万一引き落としができない場合は、「延滞」となり、クレジットカードの信用履歴に記録が残ってしまいます。また、延滞損害金を支払う必要が出てきます。万一延滞してしまった場合にはできるだけ速やかに、できれば当日中に入金してカード会社に連絡すれば、延滞損害金は支払わずに済むことが多いですが、延滞の履歴は消せません。「延滞は絶対ダメ」と肝に銘じておきましょう。

▼対策
・予算を決めて、その範囲で利用する!
・カード利用明細がウェブの場合は週1回はチェックする!
・カードの引落口座には常に十分な預金残高を入金しておく

「利用限度枠」「手数料」を知っておこう

クレジットカード10万円、20万円…などの利用限度枠が設定されていて、ひと月の利用額が限度枠に達したら、それ以上は使えません。

このことをよく認識せずにカードを使っていくと、ある日レジでカードを差し出したら、「このカードは利用できません」と言われてしまいます。まだ信用履歴が少ない20代社会人の場合、カード申込当初の利用限度枠は限定されたものになりますが、延滞なしにカードを利用していくと、翌年には限度枠がアップします。

また、一時的または継続的な「利用限度枠を引き上げ」を申請ができる場合があります。また、カードの利用方法のうち、「分割払い」「リボ払い」など手数料がかかるものがありますから、規約をよく確認のうえ使用しましょう。

▼対策
・正しい継続利用で限度枠を上げていく!
・利用限度枠の引き上げができる場合がある
・手数料の規定をチェックする!

紛失・盗難。不正利用の対処方法

カードが盗難に遭ったり紛失したときはすぐにカード会社に連絡しましょう。ほとんどのカード会社が24時間対応ヘルプデスクで国内・海外ともに対応しています。

また、カードを紛失していなくても、情報を盗み読みする「スキミング」や、ネット決済で入力したカード情報のハッキングにより不正利用される恐れがあります。これらは盗難保険で補償されるので、適切に手続きすれば請求される心配はありません。

気を付けたいのは利用明細をきちんと見ていなくて、不正利用を見逃してしまうこと。「警察に届出した日」を基準に、そこからさかのぼって一定期間内が補償の対象となっています。

▼対策
毎月の利用明細で不審な請求がないかどうかチェック!
紛失・盗難などのときはすぐカード会社に連絡をとる

審査は?2枚持ちってどうなの?気になるクレジットカードのギモンを解決!

新社会人の「審査」見られるポイントと、審査に通りやすいカード

クレジットカードを作るときに気になるのが「審査」です。審査で考慮の対象となる要素は例えば以下があります。

  • ・住所(郵送物の到着が条件)
  • ・電話番号(連絡がとれることが条件)
  • ・勤務先
  • ・勤続年数
  • ・住所の居住年数
  • ・信用履歴(クレジットヒストリー、クレヒス)

新社会人になる春にクレジットカードを申し込むと、上記の要素では不利な点ばかりです。

勤務年数はゼロで、居住地も変わっていて、固定電話もなしといった状況であれば、仮に社会人4年目・27歳の人がカードを申し込んだ場合はパスしないかもしれません。しかし、「新社会人」の場合は、特殊事情として勘案されるので、むしろ社会に出るタイミングこそクレジットカード申請の好機といえるのです。

とはいえ、どんなカードでも新社会人に対して審査を甘くしてくれるわけではありません。ステータスの高いカードの場合入社3年目までは作れないというものもあるし、一般的なカードで若い世代には厳しい審査基準を適用している場合もあります。この点「三井住友デビュープラスカード」など、新社会人向けを宣言しているカードは新入社員でも入れるという安心感があります。

「信用履歴」が気になる人は、問い合わせが可能

「審査に落ちた」ときは、どうしてもカードを作りたい場合は、自分でもう少し審査が甘いとされているカード会社に再度申し込んでみるという手順になります。自分が希望するカードが作れなくても、他のカードを正しく利用して実績を積めば再チャレンジできます。

審査でクレジットカード会社に理由を問い合わせても回答はもらえません。しかし、自分の信用履歴を問い合わせてみることはできます。クレジットカードを使った履歴はCICという信用情報機関に蓄積され、他社で新規のクレジットカードの申込があったときの審査では参考情報となります。

また、携帯電話の契約や住宅ローンの申込でも情報が共有されることがあります。たとえば25歳会社員で過去3年間クレジットカードの支払い履歴に問題がなかったAさん、延滞履歴があるBさん、そしてクレジットカードを持っていないCさんを比べると、信用度は
Aさん>Cさん>Bさん
という順位になります。カードを使った人のほうが持っていない人より信用度がアップするということも知っておきましょう。

クレジットカード申請で気をつけたい注意点5つ

クレジットカードの審査については、ほとんどの人がパスするのであまり心配する必要はありませんが、問題がなくてもうっかりミスで審査に通らない可能性もあります。以下の点に注意してください。
1★「住所」「電話番号」は確定しているか
引越しがある場合は、新住所になってから申し込みましょう。また、一人暮らしで固定電話がない場合、携帯電話のみでもクレジットカード受諾の実績はありますが、固定電話もあったほうが審査スコアが高くなります。「郵便物が届く住所」「連絡がとれる電話番号」は必須条件です。

2★「勤務先」「予定年収」などを正しく記載する
勤務先または内定先は正しく書きましょう。入社前なら内定承諾書などの提示を求められる場合があります。また、年収には予定年収として「初任給の予定額×12」で記入します。真実を正確に書きましょう。

3★「銀行口座」「銀行印」を確認しておく
最近は銀行の通帳に印影の表示欄が廃止されているので、口座に対応する銀行印がわからなくなった場合は、銀行本支店に行って確認を申請する必要があります。

4★借り入れがある人は返済してから申請したほうがいい
カードローンなどの借入残高は審査に影響するので、借入残高がある人は返済を終えてからクレジットカード申請をしたほうがいいでしょう。なお、奨学金は通常審査の対象とはなりません。

5★クレジットカードの申込は1回1枚
一度に何枚ものカードの申込をすることは不自然とみなされ、歓迎されません。一度に複数のカードの申込は避けて、2枚目のカードを申し込むときは、1枚目と6か月以上間を開けましょう。

カード使いの達人は「2枚持ち」なぜ?

【クレジットカードに関する総合調査】によると、カード保有枚数の平均は20代男性が2.6枚、20代女性が2.2枚だそうです。
クレジットカード平均保有枚数

「2~3枚のカードを持っていて、そのうち1枚がメインカード、2枚目がサブカード」となることが一般的です。カード使いの達人は、2枚を「メインカード」「サブカード」として明確に位置づけて使っています。

ポイントを貯めるのであれば1枚に集約したほうがポイントが効率よく貯まりますが、なぜ2枚なのでしょうか?

1 「カードの紛失」や「特定のカードが使えないケース」に備えるため
小さなレストランなどでは今も「一部のカードのみ対応」なお店があります。

また、紛失したり、カードの磁気が壊れて読み取れなくなる可能性もあるので、2枚持っていると安心です。また、海外旅行では「VISA」「マスター」の2枚を持っていると安心です。

2 使い分けをしたほうがお得な場合もあるため
A店ではAカードのほうがポイントが高く、B点ではBカードのほうがポイントが高いというようなケースです。

ただし個別のカードのポイント還元率は利用額に応じて上がることが多いので、あまり分散させるとかえって効率が悪くなるし、管理しきれません。自分が最もよく使うお店に対応できる2枚を持つのがベストです。

3 「仕事・平日用」「プライベート用」など用途を分けるため
たとえば「三井住友VISAカード」 「Orico Card THE POINT」のようなカード会社発行のカードを平日の食事や会社の出張などに利用して、「イオンカード」「楽天カード」などをプライベート専用にするといった方法です。家計管理にも有効な方法です。

利用額や使い方など、参考になる同世代のカード活用術 5例

同世代がどんなふうにカードを使いこなしているか?について、具体例でご紹介します。

  • 1★「転職をしたいので、その前に300万円の貯蓄が目標」Sさん(24歳女性、埼玉県)
  • 2★「20代のうちに結婚して、家も建てるつもりです」Kさん(23歳男性、新潟県)
  • 3★「海外旅行に行くために普段は節約生活!」Tさん(21歳女性、愛知県)
  • 4★「趣味のサイクリングのためのやり繰りとか、保険とか」Yさん(26歳男性、岡山県)
  • 5★「お金をかけずにお洒落したくて、お得な買い物を心がけてます」Rさん(23歳女性、京都府)

「転職をしたいので、その前に300万円の貯蓄が目標」Sさん(24歳女性、埼玉県)

<Sさんのプロフィール>
地方出身、東京の大学を出て東京都内の金融会社に就職し、社会人3年目。異業種であるマーケティング業界への転職を考えていて、最近転職サイトにも登録して情報収集を始めた。一人暮らし。趣味は旅行だが、今は貯蓄が優先のため、たまに日帰り旅行に行く程度。

メインカード
デビュープラス
三井住友デビュープラスカード
毎月の利用額
11万円~13万円

Sさんは新卒で就職したときは東京都内の家賃7万円台のワンルームマンションに住んでいましたが、貯金ができないので引越しを決意。会社に1時間ほどで通える圏内で物件を探し、現在は埼玉県浦和市のシェアハウスに住んでいます。

「現在の家賃は4万円台でだいぶ楽になりましたが、それだけじゃなかったんです。女性だけのシェアハウスに住んでいるのですが、みんな仲が良く、一緒に料理を作ったり、お喋りしたり。家で過ごすのが楽しいので週末に出かける機会が減り、お金を使わなくなりました。おかげで貯金の目標額が見えてきました(笑)」

学生時代にカードを作るとき、「学生でも作れるカードのなかで将来も使えそうなのってこれかな、と思ったから」三井住友デビュープラスカードを作りました。就活に必要なスーツや鞄などを購入したのですが、入会後3か月間はポイント5倍なのですごく得した(笑)のを覚えています。3か月を過ぎてもずっとポイント2倍で貯まりやすいので、今もメインカードとしてそのまま使っています。

家賃、携帯電話料金など毎月の引き落としをすべてこのカードに集約し、日々の買い物にもクレジットカードを使い、コンビニなどでは「iD」を利用。カードの利用明細を家計管理に使っているそうです。

「おかげでポイントもたくさん貯まり一石二鳥です!あまり意識しなくても、去年は20,000円分くらいポイントを貯めることができました。必需品購入に役立てて、しっかり節約しています!」とのことです。

「20代のうちに結婚して、家も建てるつもりです」Kさん(23歳男性、新潟県)

<Kさんのプロフィール>
東京の大学を卒業後地元の新潟県に戻り、新卒で建設会社に入社して現在社会人2年目・実家暮らし。趣味は友人たちとのドライブやカラオケだが、仕事が忙しいので休日は寝るだけで終わってしまうことが多い。「キツくても3年は我慢」と仕事優先の日々。

メインカード
オリコカード ザ ポイント
オリコカード ザ ポイント
毎月の利用額
2万円~3万円

Kさんは高校時代の同級生と付き合っていて、大学時代は遠距離恋愛でした。地元に帰ってきた今は、結婚を考えるようになり「それを励みに社畜やってます(苦笑)」とのこと。
新社会人となった春に作ったオリコカード ザ ポイントがメインカード。選んだ理由は

「年会費無料でポイントが貯めやすく、なんとなくこの先長く使っていけそうだったから。」

新社会人になるタイミングでクレジットカードを作ったとき、特に具体的な使い道があったわけではないのですが、

「ここからお金の使い方をちゃんとしていこう、という心構えみたいなもの」だったそうです。2~3年以内には結婚したいと思っているし、20代のうち家を建てたいという目標もあります。1年経った今は、堅実な将来設計を念頭に、携帯電話料金と自動車保険料をカード払いにし、その他大きな買い物や外食をするときなど、毎月2万円前後クレジットカードを利用

「本当はもっとたくさん使ったほうがポイントが貯まるけど、万一でも引落不能は避けたいから。信用履歴は住宅ローンの審査にも関係するってきいたので、ちゃんと使わないといけない、という点に一番気をつけています。」

「海外旅行に行くために普段は節約生活!」Tさん(21歳女性、愛知県)

<Tさんのプロフィール>
愛知県名古屋市の短大を卒業し、地元の機械部品メーカーに就職し、現在は社会人2年目。実家暮らし。学生時代は食べ歩きやショッピング三昧だったが、社会人になって意識も生活もかなり変わったという。

メインカード
JCB CARD EXTAGE
JCB GOLD EXTAGE
毎月の利用額

1万円前後

Tさんは短大2年生のときに初めての海外旅行でグアムへ行き、すっかり魅了され、社会人1年目ではシンガポール旅行へ。現在はアメリカ本土旅行を目標に貯金をしているそうです。

「学生時代に始めて海外旅行へ行ったときは、JCBの家族カードを持っていきました。そのときに空港ラウンジが使えて、『カードって凄いんだな』と感心し、自分でポイントを貯めたくなって(笑)同じJCBカードを申し込みました。よく調べたら20代でもGOLDカードに申込ができて、海外でのサービスや保険も充実していることがわかったので、年会費有料だけどGOLDにしました。」

さらに、普段の買い物でもこちらのカードを活用。

「ポイント還元率が高いスターバックス、セブンイレブンを利用するときはカードを使いますが、その他のお店では現金払い。ランチはお弁当持参に切り替えました。あまり出歩かなくなった一方で、月5,000円ほどのオンライン英会話で語学の勉強をしています。目標があると、節約も楽しいです!」

「趣味のサイクリングのためのやり繰りとか、保険とか」Yさん(25歳男性、岡山県)

<Yさんのプロフィール>
岡山県在住、社会人3年目。奈良県出身で関西の大学を卒業後、大手企業に就職。最初の赴任先には大阪で自宅から通っていたが、2年目の秋から現在の岡山県倉敷市で社員寮に一人暮らし。勤務地は「ちょっと田舎(笑 本人談)」だが、趣味のサイクリングを楽しむにはうってつけだという。

メインカード

デビュープラス
三井住友デビュープラスカード
毎月の利用額
1万円~6万円

Yさんは社会人になってからカードを作りました。

「今のカードにしたのは、ズバリ保険のためです。自転車に乗るので、おススメの保険ってないかどうかショップの人にきいたら、カード会社の保険が得だってきいたので。」

三井住友デビュープラスカードには、スポーツやレジャーに備える「ポケット保険」が追加できます。Yさんは「自転車コース」に「国内旅行補償」を組み合わせて、月1,000円ほど支払っているそうです。

「『自転車保険には入ったほうがいい』と知っていても、学生のときはなんとなく面倒で加入していませんでした。でも社会人になって事故で迷惑はかけられませんから。今は安心してサイクリングの趣味を続けられます!」

だそうです。普段は自転車関連の支払いをすべて同カードで支払い、「趣味に使うお金」を管理し、使いすぎないように気をつけています。

「お金をかけずにお洒落したくて、お得な買い物を心がけてます」Rさん(23歳女性、京都府)

<Rさんのプロフィール>
京都府在住でずっと実家暮らし。大学を卒業して新卒でIT企業に就職したが、残業が多く、体調を崩してしまって退社。今は派遣社員として大阪市の会社に勤務しているが、収入は以前より増えて勤務時間には余裕ができた。将来を考えて、学校に入り直すことも検討中。

メインカード
楽天カード
楽天カード
毎月の利用額
3万円~4万円

「楽天カードを作ったのは、知り合いに勧誘されたから」だそうです。

「年会費無料だし、楽天で普段買い物をしているからいいかなって。持ってみたら、『作ったからには得しなきゃ』と、楽天のポイントが高いお店を選ぶようになりました(笑)。」

Rさんはお洒落が大好きで、買い物に工夫を凝らしています。

「洋服代は年間で15万円、毎月の買い物は1万円を目安にしています。予算オーバーしていてもどうしても欲しいものは購入して、その代わり翌月からの金額を減らします。自分だけのお洒落がしたいので、ネットで探してはウォッチリストに入れておき、気に入ったものを買います。1万円でかなり買えますよ!」

京都ならではの手作り市やアンティークショップも欠かさずチェック。こちらは現金払いです。洋服は楽天カードが使えるお店ではすべてカード払いにしています。
最初に作った楽天カードは電子マネーがついていなかったのをEdy機能付きに切替え、その後は普段の買い物や食事のほとんどを楽天カードで支払い、フル活用しているそうです。

まとめ

生活費のほとんどをカード払いにしてポイントをしっかり貯める人、ファッションや趣味など、特定の支出についてカードを使う人、使う金額の目安を決めている人など、人それぞれの活用法があります。
上に挙げた例のように、20代からクレジットカードの「自分スタイル」を作っていくことで、30代に向けてお金の使い方や貯め方も上達していくでしょう。クレジットカードはゴールドカード、ブラックカード…とステータスアップしていきますが、これは同時に、社会人としての成長の証であるともいえるのです。
様々な視点からクレジットカードについてご紹介していきましたが、総合的にみて三井住友デビュープラスカードが社会人にとって便利で相応しいクレジットカードとしておすすめです。

学生~新社会人の間は出費も多い。その出費、いくら分のポイントになりますか?

今から買う物すべて三井住友VISAデビュープラスカードで支払ったら、支払う金額は一緒なのに貯まったポイントで、「ワールドプレゼント景品」の家電やギフトカードに交換できるかもしれません。他のカードを使用している方、まだクレジットカードを持っていない方に是非オススメです。

オススメ1 学生~新社会人向けのカードとして特別に用意されてる。
18歳から利用可能で初年度年会費無料。前年1回以上のご利用があれば、翌年度以降も年会費無料。大学入学時や就職活動にも大活躍です。

オススメ2 他のカードよりもポイントがザクザク
ポイント数がずっと2倍! iD利用でもポイント2倍! 入会3ヶ月間なんと5倍! ポイントUPモール経由なら、ポイントが最大20倍!
学生~新社会人の間はお金を使う機会が多いため、飲み代・スーツ代・旅行費・コンビニも、全てカード払いにしてポイントを有効活用しましょう。貯まったポイントは家電やギフトカード、よく使う楽天ポイントやTポイントなどに交換ができます。
例えば、入会から月々3万円ほど使う場合、1年間で楽天ポイント約5000円相当のポイントが貯まる計算です。

オススメ3 【期間限定】2017年6月30日までもれなく最大6,500円分プレゼント!
上記だけでも相当おトクなのに更に最大6,500円がもらえるキャンペーン中と、超太っ腹!もし作るならこの期限内に作ることをオススメします。

3営業日で発行可能!カードの詳細と発行はこちら %e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3 %e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3-%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b