読んでおいて絶対損はない、若手社員・新入社員必見の社会人の心得

社会人は休日の過ごし方が肝心!休みを有意義にする3つの事

大事にしたい新社会人の貴重な休日。限られた時間をうまく使って、休日を楽しく有意義に過ごす方法について考えていきます。

おすすめコンテンツ
クレジットカード 2016年5月13日 マネー&ライフ編
社会人必須のクレジットカード。上手なカードの使い方・選び方とおすすめカード
 

新社会人の貴重な休日。男女&職種別から考える「有意義に過ごす」とは?

休日の過ごし方で大切な3つのこと、そして新社会人にとって一番大事なこととは何でしょうか。

みんなの休日の過ごし方、共感するのはどれ?

まず、新社会人の休日の過ごし方、三者三様の事例をご紹介します。3人のうち、どの過ごし方がいいと思いますか? あるいは、どれが有意義な過ごし方だと思いますか?

Fさん(22歳女性事務職)
「エクセルファイルの作成が難しくて仕事では残業続き。疲れていたので土曜日は遅く起き、昼間はゆっくり過ごしてました。夕方からは学生時代の友人が誘ってくれた合コンへ。成果は上がらなかったけど、飲んでお喋りして、まあまあストレス発散になりました」

Nさん(24歳男性技術職)
「エンジニア採用なのにサポートデスクに配属されていて、クレーム処理でストレス溜まってます。異動を希望しているので、IT系の資格を片っ端からとることに。一日中勉強して、疲れたらマンガ読んで、また勉強して一日が終わりました。」

Hさん(23歳男性不動産営業職)
「今週はハードに歩き回って疲れました。休みは水曜日です。ゆっくり寝て、ネットで届いた新しいゲームソフトに没頭して、ステージクリアの画像をツイッターに投稿したら結構レスがきて。あとは買い物してきて、缶ビールを家飲みで終わりです。」

いかがでしょうか。実は、どの過ごし方もOKです。以下、その理由について説明していきます。

実は休日の過ごし方の大事なポイントは3つある

休日の過ごし方は人それぞれですが、「これが大事」ということが3つあります。

  • 1★自分らしく過ごして満足感を得る
  • 2★リフレッシュして仕事に前向きになる
  • 3★成長や未来の目標のために休日を使う

休日には、自分がやりたいこと、自分にとって今大事なことをしましょう。「美味しいものを食べに行けて楽しかった」「ゆっくり休養できた」「本を一冊読めた」など、内容はなんでもいいので、その一日に満足感や達成感を感じることが大切です。上で紹介した3人はそれぞれ好きなことをして、自分らしく休日を過ごして「ポイント1」を満たしています。そしてそのことが「ポイント2」につながっています。入社してすぐの新社会人にとって、休日の過ごし方で最も重要なのは、実は「ポイント2」の「リフレッシュして仕事に前向きになる」です。だからまずここを意識します。

つまり、
「休日に朝から晩まで出歩いて大いに楽しんで、月曜日にスッキリ気持ちを切り替えて仕事に行けるならOK、夜遅くまで遊びすぎて、寝不足で疲れがとれないまま出社になってしまったらNG」
「一日中家でDVDを見たりしてゆっくりしていて、疲労回復できればOKだし、『1人でじっとしていたのでストレス発散できなかったな』と感じたらそれはNG」
ということです。

まだ仕事に慣れていない新社会人の休日は、まず最初の2つを意識して、一番大事な「仕事」のために休日を大切に使いましょう。

休日の過ごし方 ポイント1「自分らしく過ごして満足感を得る」

自分の好きなことをして楽しむことが一番リフレッシュできます。
主に友達と食事する、デート、合コンに行く、遊園地に行く、話題のスポットに行くなどですが、友達や仲間との予定は常に入るわけではないので、「1人で楽しめること」も大事です。例えば映画を見る、ゲームをする、スポーツジムに行く、カフェに出かける、ネットサーフィン、ドライブ等でしょうか。
楽しむ時間は自分のやりたいことをやればOKですが、これから長い社会人人生を考えると、新しいことへのチャレンジも必要です。
社会人らしい趣味や新たな友人を見つけたいと思う人は、プライベートの充実に趣味は必須!?時間を作って嗜む社会人の趣味と予算のページ、社会人の友達は要?不要?人脈の作り方と広げる○つの方法のページを参考にしてください。

休日の過ごし方 ポイント2「リフレッシュして仕事に前向きになる」

前述の「自分の好きなことをして楽しむ」行動はリフレッシュ効果という点でこちらの目的も適っています。そう言った意味では友人とのお喋りでストレス発散、スポーツ、温泉、旅行、カラオケなどもこの「リフレッシュして仕事に前向きになる」を果たせているのでとてもおすすめです。

しかし休日に夜遅くまで楽しみすぎて睡眠不足になったら、心はリフレッシュしても体の疲労が残り、仕事に支障が出てしまいます。心身共にリフレッシュという目的を考えると、休日の大事な機能である「休養する」「体調を整える」ということを意識して過ごすことが大切です。

つまり前述の事に加え十分な睡眠をとる、バランスの良い食事を摂る、半身浴や入浴剤でリッチな入浴時間をすごす、散歩をして良い空気を吸うといった「休む時間」があると尚良いでしょう。
こうして自分らしい休日を過ごし、前週の疲れを癒し、休み明けに前向きな気持ちで仕事に出かけていくことで「休日を満喫して次の仕事へ活力の源にする」これが一番大切なことです。

休日の過ごし方 ポイント3「成長や未来の目標のために休日を使う」

これから先、ずっと自分の好きなことだけしていたら、自分の成長の可能性を狭めてしまいます。新社会人にとって仕事人生は始まったばかり。これから一人前の大人として成長していかなくてはなりません。
そのための過ごし方としては仕事に直結するスキルの勉強、資格の取得、視野を広げ教養をつける読書、人脈を広げるための活動、転職のための情報収集、お金の勉強や資産運用、婚活などです。こういった自分への投資になる勉強やトレーニングを「ポイント1」や「ポイント2」と兼ねて楽しく実践することも可能です。
例えば英会話スクールで英語でお喋り、趣味と実益を兼ねて資産運用にチャレンジ、仲間との交流が楽しい読書会に参加などの方法です。

いろいろな勉強の方法については社会人になっても勉強したい!成長したい!「社会人と勉強」のアドバイスのページを参照してください。

時間や気持ちに余裕がある人は、4月・5月からポイント3を意識して勉強を始めてもOKですが、最初からあまり無理する必要はありません。まず上の2つを意識して休日を過ごしながら、仕事に慣れて覚えることが先決です。その後、ポイント3を意識していきましょう。

ただし、「目の前の仕事や生活に役立つ本を読む」「仕事で習ったことを家で復習」など、新入社員として必要なことは適宜行っていってください。新社会人向けに書かれた本を読むと、この時期の悩みや疑問を解決できるかもしれません。不安を解消して心構えを作る!社会人になる前に読む本のページでそんな本をご紹介しているので、参考にしてください。

「営業職」「事務職」「技術職」…職種によっておすすめの過ごし方は?

「仕事と違う脳の部分を使う」を意識してみる

休日の過ごし方では「職種とのバランス」も考慮したいところです。アウトプットの多い仕事なら休日にはインプットを、インプットの多い仕事なら休日にアウトプットを意識するといいでしょう。

職種 おすすめの趣味
人と話すことが多い「営業職」「接客」 ・読書
・映画鑑賞
・美術館めぐり
パソコンモニターを見て過ごす「ITエンジニア」
研究所で実験をくり返す「開発職」
・カラオケ
・友人と会ってお喋り
・スポーツ観戦
・コンサート
他人をサポートする「事務職」 ・スポーツ
・ダンス
・カラオケ
・旅行

根っからの話し好きでいつも喋っていたい「営業職」の人なら休日も人と会って賑やかに過ごしてOKですが、一般的には、静かに自分と向き合ったり、何かを吸収したりする機会を作るといいでしょう。
仕事中はデータや機械を相手に無言での作業が多い「技術職」「開発職」の人は、カラオケや友人とのお喋りなどで声を出す機会をもつと良いです。体を動かすスポーツのなかでも、コミュニケーションの多い野球などがおすすめです。
他人に気遣いをする「事務職」の人は、自分主体で動けることを趣味にするといいでしょう。一人旅など一人で楽しむ趣味もおすすめです。

このように、仕事とは違ったタイプの休日のアクティビティーをすることで、脳の普段とは違う部分が活性化し、よりリフレッシュ効果が高くなります。意識して取り入れてみてください。

仕事が忙しい人は要注意。有意義な休日の過ごし方を邪魔する落とし穴とは?

仕事では慣れないことばかりで時間の拘束も長く、心身ともに疲れてしまい、「休日は帰って寝るだけ」になってしまう人は多いでしょう。最初に述べたように、「帰って寝るだけ」の休日もときにはあってもいいのですが、ずっとそれだけというのは考え直すべきでしょう。でも、しばらく仕事と家の往復が続くと「新しいことを始めるのが億劫」「知らない人に会うのが面倒」になってしまいがち。これが、社会人の休日にひそむ落とし穴です。

特に、普段から人づき合いで気を遣う真面目な人は、仕事での気遣いだけで疲れてしまって、休日にはもう違うことで気疲れしたくないという気持ちに陥りがちです。

面倒と感じる気持ちのハードルを乗り越えて「誘われたら出かけてみる」「何か始めてみる」という行動をおこしましょう。
また、以下のように、気持ちを奮い立たせて出かけたのに結果がよくなくて、「貴重な休日だったのに」「やっぱり面倒なことはもう嫌」と以前にも増して引きこもってしまうという可能性もあります。

  • 正直、気乗りがしないけれどたまには、と出かけていった合コンだけど、あまり楽しくなかった。時間とお金を損した気分
  • 興味をひかれたセミナーに行ってみたけれど、期待した内容じゃなくてがっかり
  • 友活のイベントに行ったけど友達できなかった

でも、こうした不確実性は仕方のないことです。また、そこから学ぶ事も沢山あります。

当てが外れてしまう可能性はありますが、自分の欲しかった体験に出会える可能性をつぶさないために、ときどきは新しいもの、未知の世界にチャレンジすることを忘れないようにしましょう。

「週1休み」「地方で一人暮らし」制約の多い休日の過ごし方は?

社会人の休日にはいろいろな制約があります。そんな場合について考えてみます。

知り合いのいない地方に赴任。休日をどう過ごす?

STEP1 まず会社の同僚と仲良く
地方に赴任した場合、少なくとも会社の同僚は一緒に休日を過ごす仲間となるはずなので、まず会社での人付き合いを大切にしましょう。地方の営業所というのはたいてい、少しのんびりした雰囲気で皆が仲良し、アットホームな雰囲気です。
STEP2 できるだけその地域の友人を作る
次に、できるだけその地域で友人を見つけましょう。「趣味のサークルや習い事で探す」「地域の居酒屋に行ってみる」などが考えられます。同世代の友人だけにこだわらず、幅広く仲間を探してみてください。
STEP3 行動範囲を広げる
赴任地が地方の工場などの場合、人と知り合える場がないこともあります。そういった場合は行動範囲を広げてみましょう。「バイクやサイクリング、釣りを趣味にする」「ドライブする」などが考えられます。バイクや車を持つと、世界が広がります。新社会人が車を買うことについては社会人の車の選び方と購入時の懸念点で解説しているのでこちらも参考にしてください。
STEP4 一人で楽しめる趣味を増やす
最後にできるだけ一人で楽しめる趣味を持ちましょう。いきなり一人で閉じこもっては機会を失います。一人を楽しむ時間の使い方については最後に考えると良いでしょう。「赴任期間中に100冊読破」「フルマラソンを目指す」などの目標を持つのもおすすめです。

休みが平日。学生時代の友達とは合わない

友人とは平日・土日の夕方に会う
昼間一緒に遊ぶことはできなくなりますが、平日または土日の夕方以降や夏休みなどに時間を見つけて会い、友人関係を続けていきましょう。
平日休みの友人を作る
平日に一緒に過ごせる仲間を探しましょう。平日のアクティビティ参加者を募集するHoRidayのようなサイトで探したり、同業の仲間同士の集まりに参加してみましょう。平日休み同士で遊園地に遊びに行けば、空いていて大いに満喫できます。
一人でゆっくり楽しむ
映画館、ショッピングセンター、人気スポットなど、どこも平日の方が空いていますから、平日休みの利点を活かして楽しみましょう。

休みが週1しかない

まずはゆっくり休む
新社会人の場合は週1しか休めないということもよくあります。1日で1週間の疲れをとることが最も大事です。疲れをとるために自宅でゆっくり入浴したり、近くのスーパー銭湯などを利用するのもいいかもしれません。気候がいい日は近くの公園を散歩するのも、自然の緑に癒されてリフレッシュします。
短時間でできる趣味を楽しむ
「寝るだけ」の休日にならないために、自分の好きなことで30分程度など短時間でできる趣味、楽しみの時間を持つといいでしょう。短時間のなかで「休日らしい過ごし方」ができるよう、工夫しましょう。こちらについては後述の【30分でストレス解消!】おすすめの一人の休日の過ごし方10選などを参考にしてください。
食事や運動の時間も大切に
仕事がハードなときは健康管理が重要です。栄養バランスのいい食事、軽い運動なども心掛けて、体調管理につとめましょう。自分へのご褒美として「美味しいものを食べる」などもおすすめです。ただしストレスで過食にならないよう気をつけてください。

いつの間にか休日に誘える友人がいなくなって、一人で過ごすのが寂しい

上記のような「平日休み」や「地方に赴任」でなかったとしても、しょっちゅう会っていた学生時代の友人と遊ぶ機会というのはめっきり減ってしまいます。かなり仲が良かった友人を別にすると、だんだん疎遠になっていくのもよくあることです。「忙しく仕事をしていたら、いつの間にか休日に誘える友人がいなくなっていた」というようなケースです。

新しい友達を探してみる
友達を探す方法は、「友活」などのサイト、「趣味を通じて見つける」など。社会人の友達は要?不要?人脈の作り方と広げるための6つのルールを参照してください。
家族と過ごす
「一人が苦手、でも友達作りも苦手」という人は、家族との時間を見つめ直してみてはいかがでしょうか。実家暮らしの人は両親はそこにいて当たり前なので、意外とゆっくり話をしていないかもしれません。学生時代は親はあくまで「保護者」ですが、社会人となった今は大人同士。話をしてみたら今までとは全く違った関係性になっていることに気づくかもしれません。仕事の悩みを相談すれば、同じ社会人の先輩としての助言をもらえるでしょう。初任給で両親に感謝のプレゼントをする人は多いですが、このような機会がひとつのきっかけになりそうです。新社会人のギモン。初任給はいつ、どれくらいもらえる?何に使う?のページも参考にしてみてください。実家を離れて一人暮らししている人も、週末を利用して帰省して、ちょっとした親孝行をしてみてはいかがでしょうか。家族旅行に出かけるのもおすすめです。
一人で楽しむ方法を見つける
社会人は「一人でも時間を有効に使える」ようになることが大切です。こちらについては後述します。

一人でもできる休日おすすめの過ごし方

一人でも時間を有効に使いましょう。友達と日程が合わない事もあるし、何よりも社会人には「自分のための時間」が必要だからです。そんなわけで以下に、「30分でできる」「半日でできる」おすすめの過ごし方をまとめました。

【30分でストレス解消!】おすすめの一人の休日の過ごし方10選

1★読書
読書は実は短時間でストレスを解消する効果が高いことが知られています。わずか6分の読書で仕事ストレスの解消効果があるという報告も。

イマドキ新社会人の過半数、「仕事がストレス」と回答。ストレスの対策には、「6分読書」が有効!
オススメしたいのが『読書』です。英国サセックス大学が行った実験によると、『読書』は68%のストレス軽減効果が見られ、『音楽視聴』(61%)や『コーヒー』(54%)、『散歩』(42%)などと比較しても最も高い結果でした。また、ストレス解消を目的にした場合、長時間読書をする必要はなく、『6分』でストレス解消効果を得られることがわかっています。

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000368.000005889.html
読書はわずかな時間でもリフレッシュでき、いつでもどこにいても手軽にできる気分転換です。スマホアプリや電子書籍端末も活用しましょう。不安を解消して心構えを作る!社会人になる前に読む本のページも参考に、自分の気になる本を読んでみてください。

★お茶を飲む
「コーヒー」「紅茶」「日本茶」「中国茶」など、自分の好きな好みのお茶をゆっくりと入れて楽しみます。お気に入りのカフェに行って時間を過ごすのもいいし、そこで読書するのもありです。できるだけスマホなどを見ず、ゆったり過ごしましょう。
3★ひとりカラオケ
30分の「ひとカラ」も非常にストレス解消効果が高いことが知られています。歌が好きな人はもちろん、歌が苦手な人も一人なら大丈夫。思い切り声を出すことは健康にも効果大です。
4★近所を散歩
天気のいい日には散歩するのもおすすめです。緑など普段と違う景色を見ることで脳がリフレッシュします。
5★オンライン英会話
いつでもどこでもできるのが魅力のオンライン英会話。英語の勉強をしながら、仕事の愚痴もちょっとだけきいてもらえるかも。こちらも「声を出す」ことでストレス解消できるおすすめの過ごし方です。
6★昼寝
30分の昼寝は疲労回復効果が高いです。長時間の昼寝は逆にリズムを崩してしまうので、30分くらいが適当です。
7★ストレッチ
深呼吸しながらゆっくりとストレッチ。自分なりの方法を見つけてください。平日にも取り入れたい習慣です。
8★掃除
ストレスで「なんだかモヤモヤする」というようなときは、掃除を。キレイにしたり片付ける行動で、気持ちも片付きます。てきぱき動いて、不要なものを捨てるのもおすすめです。
9★ゲーム
ゲーム機やスマホのゲーム。「何か他のことをする合間に30分ゲーム」のように、30分程度が最もリフレッシュ効果が高いです。
10★おいしい食事やお酒
好きなものを食べたり、お酒を飲んだりする時間も欠かせません。自宅での食事でも、レストラン・居酒屋などに出かける場合も「ゆったり楽しんで味わう」ことが大事です。

【半日でリフレッシュできる!】おすすめの一人の休日の過ごし方10選

1★読書/読書会
ぽっかりと予定が空いた休日に、前から買ってあった本を一気に読破するのは達成感があります。また、読書会へ出かけて同じ興味関心を持った仲間と交流するのもおすすめです。
2★日帰り旅行
少し足を伸ばして普段行けない場所へ日帰り旅行。未知のものに出会うと五感を刺激されます。「休日が平日」「地方に赴任」のような人には特におすすめの過ごし方です。
3★美術館・博物館
自分が興味を持った展覧会などに出かけてみましょう。また、子どものころに行ったきり足を運んでいない博物館などに行くと意外と楽しめます。
4★スーパー銭湯
近くの日帰り温泉やスーパー銭湯などを探して出かけましょう。
5★勉強会やセミナーに参加
自分の勉強したい分野、興味のある内容のセミナーなどに参加してみましょう。知的刺激を楽しめます。
6★婚活パーティ・合コンに参加
パートナーを探している人は婚活・合コン、友達を探している人には友活。一人で参加できるいろいろなタイプのイベントが開催されています。
7★マンガを読む
まだ読めていなかった名作を中古書店などで全巻買って一気読み。マンガ喫茶でも。
8★映画館で映画を見る
自宅では味わえない4D体験を楽しんだり、一人暗闇で泣ける映画に浸ったり。映画館ならではの楽しみです。
9★料理をする
「何かを作る」というのはリフレッシュ効果が高い方法なので、DIYや手芸など何でも好きなものを作ることはおすすめです。「食事」は毎日食べるものなので、料理を作るのが最も手軽です。
10★ショッピング
「ストレス解消のために衝動買い」するのではなく、何か欲しいものを半日かけてじっくり選んでみることをおすすめします。いくつかのお店を歩き回って比較検討して、最終的に購入したものはきっとお気に入りになるでしょう。街を歩き回っている間に、いろいろなものを見聞きすることも刺激になります。
また、無駄なく賢くお金を使うためにもクレジットカードを活用する事をお勧めします。

まとめ

社会人の休日を有意義に過ごす方法としては、限られた時間の中でいかに「満足感を得る」「リフレッシュする」「成長する」を実践できるかがポイントとなります。最初は仕事に慣れる事に疲れ、休日は癒しに充てる時間が多くなるかもしれません。しかし、無理なく実践していく事も大事ですので、上手にバランスをとりながら自分が納得できる時間を過ごしていきましょう。


学生~新社会人の間は出費も多い。その出費、いくら分のポイントになりますか?

今から買う物すべて三井住友VISAデビュープラスカードで支払ったら、支払う金額は一緒なのに貯まったポイントで家電やギフトカードに交換できるかもしれません。他のカードを使用している方、まだクレジットカードを持っていない方に是非オススメです。

オススメ1 学生~新社会人向けのカードとして特別に用意されてる。
18歳から利用可能で初年度年会費無料。前年1回以上のご利用があれば、翌年度以降も年会費無料。大学入学時や就職活動にも大活躍です。

オススメ2 他のカードよりもポイントがザクザク
ポイント数がずっと2倍! iD利用でもポイント2倍! 入会3ヶ月間なんと5倍! ポイントUPモール経由なら、ポイントが最大20倍!
学生~新社会人の間はお金を使う機会が多いため、飲み代・スーツ代・旅行費・コンビニも、全てカード払いにしてポイントを有効活用しましょう。貯まったポイントは家電やギフトカード、よく使う楽天ポイントやTポイントなどに交換ができます。
例えば、入会から月々3万円ほど使う場合、1年間で楽天ポイント約5000円相当のポイントが貯まる計算です。

オススメ3 【期間限定】もれなく最大6,500円分プレゼント!
上記だけでも相当おトクなのに更に最大6,500円がもらえるキャンペーン中と、超太っ腹!もし作るならこの期限内に作ることをオススメします。

3営業日で発行可能!カードの詳細と発行はこちら %e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3 %e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3-%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b